株式会社M-Cass|経営&経理会計法人研修とビジネスセミナー  M-Cassゲームとは | 講師になりたい | 事業案内 | 会社案内 | カレンダー | ブログ | お問い合わせ
M-Cass|ビジネスゲーム活用アクティブラーニング研修&人材育成支援

簿記検定&税理士&公認会計士試験合格のための特別講座

簿記検定試験や税理士試験、公認会計士試験の勉強では多くの人が専門学校に通ったり、同じ講座を受講したりしています。もちろんそうやって懸命に勉強することはとても大切です。ですが、専門学校やその他教育講座で使われている教材はほとんど同じものです。全国の大勢の方々が同じ教材で同じように学んで簿記検定試験や税理士試験、公認会計士試験を受験していますが、簿記1級や税理士・公認会計士となると合格率は約10%前後。

同じように学んでいる大勢の10%に如何にして自分が入るか

この視点がとても大切になります。あなたはどのようにすれば難関試験の合格圏内に入り込むことができると思いますか?この答え、実は合格していく人たちの学習方法(やり方)に大きなポイントがあるんです。

同じ教材を使ってただ漠然と受動的な勉強をしていると、多くの人が「わかったつもり」や「理解しているつもり」に陥るために、不思議なほどに同じことを忘れていたり、同じ問題を間違ったり勘違いしたりしています。これに対し、合格を勝ち取っている人の勉強方法は、実は全く逆です。

合格者の勉強には「わからない」ことがたくさんある

そうなんです。一見矛盾しているようですが、合格者の勉強は「わからない」ことだらけなんです。同じ教材で学んでいながらも、合格圏内に入り込む人たちは決して受動的に学ぶことはありません。一律に教えてもらうと同時にいつも自分自身の頭だけで考えてみて、「わからない」こと「いまいちしっくりこない」こと「覚えるのが大変そうな」ことを常に探しています。

わからないことを探して質問するから忘れない

どんなことでも、難しい問題でも、自分がなんとなくわかったつもりになっているとそれ以上のことを習得できません。結果、わかったつもりで覚えていなかったのでみんなが同じようなところを間違えるの繰り返し。

まずは、「わかったつもり」になる勉強から「わからない」を探す勉強に方法を思い切ってかえてみましょう。わからないことが見つかったらそこだけを一つずつ質問して覚えていきます。そうやって勉強していくと、「わからない」数の分だけ「本当にわかる」が積み重なっていきます。9割の人が忘れて間違うところもクリアしていくことができるようになります。

約3000人を合格へ導いた実力講師による独自学習メソッド

M-Cassの講師陣は、大手資格専門学校で簿記検定講座3級~1級、税理士講座、公認会計士講座を約20年最前線で担当しており、豊富な知識だけではなく、監査や税務、経理指導などの実務経験も豊富です。今までの資格合格サポート数は3000人を超えています。また、資格取得者向けの有名月刊誌等における執筆も多数!そんな講師陣が、あなたの「わからない」にピンポイントでお答えします。

会計人コース

日商簿記検定2級試験対策講座 好評受付中!

私どもの日商簿記検定試験対策講座では、おもに業務などのお時間のない社会人の方々を対象としており限られた時間で、着実に成果を出していただくべく下記のような独自のカリキュラムを組んでおります。

会計人コース


日商簿記検定2級の合格を目指す金融機関職員の方々や財務経理担当者の方々など、「少しでも効率よく合格したい」、「限られた時間でライバルに差をつけたい」、「合格するだけではなく実務にちゃんと生かせる知識とスキルを身につけたい」、そんな方々にご好評いただいております。

M-Cassでは受講者を随時募集しています。気になる方は以下の無料相談フォームからお気軽にご相談ください。担当講師より講座の詳細を説明いたします。

お名前 ※必須


Email ※必須


電話番号 ※必須


ご相談内容 ※必須

TOP