株式会社M-Cass|経営体験型・人材育成研修セミナー|熊本・福岡

M-Cass研修案内 | 研修料金 | 簿記等資格試験講座 | 講師・代理店募集情報 | 会社案内 | 予定表 | ブログ | お問い合わせ
株式会社M-Cass|経営体験型・人材育成研修セミナー|熊本・福岡

いい考えではなく、より良い「考え方」を知る方が重要

成長する会社の社長・社員は何を学ぶか?

ITや通信技術などがどんどん進展し、
時代も大きく変わる中で、会社経営をする者
にとっては、常に会社のイノベーションを
考えなければいけません。

ここで、
新たなるイノベーション(革新)が
どんどん起こっている中では、

より良い「考え」よりも、
より良い「考え方」を知る方が重要になってくる

と言われています。

とある格言で、

「良い先生は良い”考え”を教える。
 偉大な先生は良い”考え方”を教える。」

と言う言葉があるそうですが、

私どもも、ビジネス教育において、ついつい、
良い”考え”を教えようとしてしまうことが
あります。

しかし、
変化の激しい時代では、良い”考え”より、
良い”考え方”が何かを見極める方法を伝え
ていかなければならないと考えるように
なりました。

そうしないと、この変化の激しい現代
において、それに対応できる経済人の
育成は困難だと思ったからです。

最近、「優秀な大学を出ても仕事はできない」
といった話をよく聞くようになりましたが、
それは、社会の変化とともに、求められる仕事
の内容が変わり、上司に指示された仕事を早く、
正確に処理することだけが求められる時代
が終わりつつあることの証左だと思います。

しかし、学校は相変わらず「早く正確に」で
きる人を養成する機関になっていて、IQ検査
も、そんな人ほど数値が高く出るようになって
います。

私どもは、現行のこのような旧態然とした
教育や学び方ではなく、ビジネスゲームを使った
アクティブラーニングを主体とした、新しい
学び方を提唱していきたいと考えています。

そして、そのことで、「考え方」を身につけ、
自分で試行錯誤し、答を見つけだす、
そんな人材をどんどん育成していけたらと
本気で考えています。

ブログ記事一覧へ戻る

TOP