株式会社M-Cass|経営体験型・人材育成研修セミナー|熊本・福岡

M-Cass研修案内 | 研修料金 | 簿記等資格試験講座 | 講師・代理店募集情報 | 会社案内 | 予定表 | ブログ | お問い合わせ
株式会社M-Cass|経営体験型・人材育成研修セミナー|熊本・福岡

会計大学院×ビジネスゲーム

大学院生、ビジネスゲームにチャレンジする

2021年10月30日(土曜)、熊本学園大学
会計専門職大学院様で、当社のビジネスゲーム
を使った講義をさせていただきました。

今回、新改准教授のご好意により、財務における
講義の1コマを使い、ビジネスゲームをさせて
いただいたわけですが、そこはさすが、
大学院で企業会計や経営学などを学ぶ方々です。

質問や討論などについて、なかなか的確な回答
をさている方が多かった印象です。

今回はビジネスゲーム中級編ということで、
ボードゲームで会社経営をしていただき、
その中で、損益計算書と貸借対照表を
作っていただくとともに、
総資産利益率(ROA)といった指標を
分析していただきました。

今回は、この分析指標を題材として
「ビジネスは利幅と回転率だ」
ということをテーマに掲げましたが

ゲーム終了後の討論として
「どうすれば、ROAは引き上げることが
できるのだろうか?」
ということを議論していただきました。

さぁ、どうでしょうか?
皆様であれば、なんと答えるでしょうか?

このビジネスゲームを使ったビジネス
学習では、単にゲームをやって「楽しかったね」
で終わらせることなく、ゲームで得た内容を
深掘りし、さらに自分なりに考えていた
だくことをやっていただいております。

このことで、
①テキスト・講義によるインプット
②ビジネスゲームによるアウトプット
③疑問などをさらにテキストなどに
戻って再インプット

ということを繰り返していただくわけです。

このように、私どもは新たなビジネスの
学び方を提唱しており、熊本県の
会計大学院様にて、実際に実施していた
だいております。

既存のビジネス教育は、ほとんどが
座学中心の受動学習です。

しかし、このような旧態然とした
学び方は非常に効率性と効果性が悪く
「新たな学び方」が模索され続けてきました。

このような中、私どもは
「ビジネスゲームによる体感学習」
「ビジネスゲームによる経営疑似体験」
「アクティブラーニングによる学び」
という新たな学び方によるカリキュラムを
ご提供していきたいと考えています。

以上、今回は会計専門職大学院にて、
ビジネスゲームを使った講義についてご紹介
させていただきました。

このような「ビジネスゲーム」を使った
ビジネスやマネジメント学習について、
一度体験してみたいという方は、ぜひ
下記のサイトで体験会の参加者を募集して
おりますので、こちらより参加してみて
ください。

【体験会の詳しい内容はこちら】
https://www.street-academy.com/myclass/33214



ブログ記事一覧へ戻る

TOP